低用量ピルの効果|避妊薬「トリキュラー」を使った避妊/アフターピルとの違いに注意

避妊薬「トリキュラー」を使った避妊/アフターピルとの違いに注意

カプセルと錠剤

低用量ピルの効果

トリキュラーのような低用量ピルは、女性が毎日服用することで効果を発揮する避妊薬です。
1日1錠ずつ毎日服用することで、徐々にホルモン環境を妊娠期に近づけてくれるのです。
これにより、受精卵の着床を防ぐ、排卵を抑制する、精子が子宮にたどり着かなくする、といった効果があります。
3つの効果を同時に発揮してくれるため避妊成功率は非常に高く、ほぼ100%に近い確率で避妊を成功させることができます。
また、急激にホルモン環境を妊娠期に近づけるのではなく、徐々に進めていくため、副作用が出にくいのも大きな魅力となっています。

トリキュラーが高い避妊成功率を誇ることもオススメする理由のひとつですが、他にも理由があります。
これは避妊薬全般に言えることがですが、コンドームと違って女性の意思で避妊ができるという点です。
コンドームは男性器に着用するため、相手の男性が頑なに着用を拒んでしまったらそれまでです。
しかし、避妊薬は女性が服用するものですので、男性の意思に関係なく避妊することができます。
性行為をして万が一妊娠してしまった場合、精神的にも肉体的にも負担を感じるのは女性です。
自分自身を守るためにも避妊薬を使った避妊は最適だと言えるでしょう。

ただし、低用量ピルを飲んでいるからといって、100%確実に避妊できるとは限りません。
限りなく成功率は100%に近いですが、それでも数%は失敗する可能性があるのです。
避妊薬だけに頼りきらないようにしましょう。