服用方法について|避妊薬「トリキュラー」を使った避妊/アフターピルとの違いに注意

避妊薬「トリキュラー」を使った避妊/アフターピルとの違いに注意

青いカプセル

服用方法について

トリキュラーには「トリキュラー28」と「トリキュラー21」があります。
どちらを購入すればいいのかわからない人もいると思いますが、28錠入っているか21錠入っているかの違いしかありません。
また、「トリキュラー28」として用意されている28錠のうち、7錠はただのカプセルで成分は何も入っていません。
これに何の意味があるかは、トリキュラーの服用方法に大きく関係しています。

トリキュラーに限らず、低用量ピルは正しく服用していけば、ほぼ確実に避妊効果を発揮してくれます。
しかし、毎日服用しなければいけないため、飲み忘れなどによって避妊効果を最大限に発揮できないこともあります。
これを防ぐためにあるのが「トリキュラー28」です。
シートがカレンダー状になっており、毎日飲んでいるかどうかを確認しやすくなっています。
トリキュラーは21日間の服用期間と、7日間の休薬期間の計28日を1サイクルとして服用します。
そのため、休薬期間中に日数がわからなくなり、服用を再開するタイミングを失敗する恐れがあります。
これを防ぐために7錠の偽薬が入っているのです。
休薬期間も偽薬を飲むことで、服用の再開を忘れることなく、正しい服用方法を維持できるようになっています。
もし飲み忘れない自信があり、偽薬の服用を面倒だと感じるのであれば、「トリキュラー21」で大丈夫です。

低用量ピルは避妊効果だけではなく、生理周期を正常に戻したり、ニキビを解消する効果もあります。
女性にはありがたい効果ばかりですので、しっかり正しく服用していくようにしましょう。