アフターピルとの違い|避妊薬「トリキュラー」を使った避妊/アフターピルとの違いに注意

避妊薬「トリキュラー」を使った避妊/アフターピルとの違いに注意

皿に入っている薬

アフターピルとの違い

ここまでトリキュラー(低用量ピル)の紹介をしてきましたが、アフターピルについても軽く紹介しておきましょう。
低用量ピルとアフターピルとでは、用法用量や使用目的が違うため、必ずそれぞれの特徴を理解しておくようにしてください。

アフターピルの場合、低用量ピルのように毎日飲む必要はありません。
性行為が終わってから72時間以内に服用することで、高い避妊効果を発揮する避妊薬です。
こう言うと、最初からコンドームをつけずに性行為を楽しみ、そのあとからアフターピルを飲めばいいのだと勘違いする人がたくさんいます。
アフターピルの避妊成功率は高いですが、こちらも低用量ピルと同様に100%避妊してくれるわけではありません。
アフターピルを服用しても妊娠してしまうことはあるのです。
最初からアフターピルを頼りに、避妊をしない性行為をしてしまうと、失敗したときに痛い目を見ることになってしまいますよ。

では、アフターピルはどんなときに服用するのか。
アフターピルの別名が「緊急避妊薬」と言われていることからもわかるように、何らかのトラブルで避妊できなかった場合に使用するものです。
コンドームが破損した(途中で外れた)、性的暴行に遭ってしまったなど、意図しない妊娠をしそうな状態での最終防衛線として使用するのが一般的です。

また、アフターピルは性行為後72時間以内なら効果を発揮しますが、より早ければ早いほど、その効果も高くなります。
そのため、あらかじめアフターピルを常備しておけば、いつ何が起きてもすぐ服用することができますよ。